安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 国衙機構の研究

国衙機構の研究

「在国司職」研究序説

国衙機構の研究
著者 関 幸彦
ジャンル 日本歴史
出版年月日 1984/01/01
ISBN 9784642025744
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体5,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

国衙の実相を、在庁機構にスポットを当て解明した数少ない国衙研究の専論。実態不明のまま放置されていた「在国司職」を素材に、中世の国衙に新たな視角を提示。併せて前著『研究史地頭』の続編を付載する。

このページのトップへ