安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 看聞日記巻五紙背文書〔巻子本〕

看聞日記巻五紙背文書〔巻子本〕

看聞日記巻五紙背文書〔巻子本〕
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

鎌倉時代、京極派歌風の研究に不可欠の和歌資料。第92代伏見天皇の東宮時代、建治(1275)から弘安(1287) 期に近侍した、中院具顕・中御門為方・京極為兼・西園寺実兼・世尊寺定成らの和歌詠草の自筆原本11種を収める。本巻は、御崇光院が看聞日記の料紙として紙背を用いられて今日まで伝存したもので資料価値が高い。

このページのトップへ