安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本中世の女性

日本中世の女性

日本中世の女性

中世世界を斬新な視角から挑む書下ろし力作

著者 田端 泰子
ジャンル 日本歴史 > 中世史
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
シリーズ 日本史 > 中世史研究選書
出版年月日 1987/01/01
ISBN 9784642026529
判型・ページ数 312ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

鎌倉期から戦国期までの女性の存在形態・役割・地位を、武家女性、公家の女性、地下村落と都市の女性のそれぞれについて考察。喧嘩、敵討、縁坐、離婚などを通して、家族と社会という関係の中での女性の姿を明らかにする。

このページのトップへ

関連書籍

日本女性史

日本女性史

女性だけの共同執筆による初の女性通史

 
 

このページのトップへ