安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 霊山と信仰の世界

霊山と信仰の世界

奥羽の民衆と信仰

霊山と信仰の世界

中世世界を斬新な視角から挑む書下ろし力作

著者 伊藤 清郎
ジャンル 日本歴史
シリーズ 日本史 > 中世史研究選書
出版年月日 1997/01/01
ISBN 9784642026710
判型・ページ数 216ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

地域の枠を超えた広い視点で、中世日本の民衆信仰の様相・展開を、奥羽の山岳信仰に焦点を絞り考察する。従来の宗教体制・構造の成果も踏まえ、政治史・地域権力・民衆生活と関連づけ、山岳信仰の全体像を追求する。

このページのトップへ

関連書籍

幽霊 近世都市が生み出した化物

幽霊 近世都市が生み出した化物 433

日本人が幽霊に込めた〝怖さ〟とは?

著者:髙岡 弘幸
 
 

このページのトップへ