安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本中世の社会と女性

日本中世の社会と女性

日本中世の社会と女性

室町・戦国期の村落史・政治史をベースとする著者が、ジェンダーの視点から中世社会の諸相を見直す。

著者 田端 泰子
ジャンル 日本歴史 > 中世史
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642026734
判型・ページ数 A5・384ページ
定価 本体7,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

戦後50年、女性史研究は長足の進歩を遂げ、多くの成果の蓄積をみたが、新たな視角の必要性も絶えず提起されている。室町・戦国期の村落史・政治史をベースとする著者が、ジェンダーの視点から中世社会の諸相を見直す。

このページのトップへ

関連書籍

日本女性史

日本女性史

女性だけの共同執筆による初の女性通史

 
日本女性史大辞典

日本女性史大辞典

総項目3100余、書き下ろしの女性史辞典

 
 
史料にみる日本女性のあゆみ

史料にみる日本女性のあゆみ

女性史を学ぶ人に贈る最新の入門書!

 
桃山時代の女性

桃山時代の女性 30

豊臣氏の統一政治に裏方で活躍した女性たち

著者:桑田 忠親
 
 

このページのトップへ