安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世東国の領域と城館

中世東国の領域と城館

中世東国の領域と城館

中世後期、領主は支配のためにいかなる本拠と領域を設定したのか。様々な活動の中心的空間である本拠を論究

著者 齋藤 慎一
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2002/05/01
ISBN 9784642026765
判型・ページ数 A5・338ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

中世後期、領主は支配のためにいかなる本拠と領域を設定したのか。様々な活動の中心的空間である本拠を論究。領域の境界の「境目の城」から、領主と領域の関係を考察し、本拠・領域における中世城館の性格を展望する。

このページのトップへ

関連書籍

中世武士の城

中世武士の城 218

天守閣はなかった! 城郭ファン必読

著者:齋藤 慎一
 
 

このページのトップへ