安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 永原慶二著作選集 3

永原慶二著作選集 3

日本中世社会構造の研究

永原慶二著作選集 3

60年代に執筆された論考をまとめた第二の論文集

著者 永原 慶二
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 個人著作集
シリーズ 著作集 > 永原慶二著作選集
出版年月日 2007/09/01
ISBN 9784642026826
判型・ページ数 A5・566ページ
定価 本体16,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

古代国家の変容と中世への移行/荘園制における職の性格/荘園領主経済の構造/領主制支配における二つの道―好島荘の預所と地頭をめぐって―/中世農民的土地所有の性格/荘園制支配と中世村落/中世村落の構造と領主制―小村=散居型村落の場合―/村落共同体からの流出民と荘園制支配/荘園制解体過程における南北朝内乱期の位置/東国における国人領主の存在形態―「茂木氏給人帳」考―/嘉吉徳政一揆の性格について/室町幕府=守護領国制下の土地制度/中世経済の段階と構造―その概括的把握の試み―

このページのトップへ

内容説明

一九六〇年代に執筆された論考をまとめた第二の論文集で、「第Ⅰ部 経済・社会構造をめぐる基礎研究」を収録。『日本の中世社会』の基礎となった「職の体系」論・荘園制の再生産構造論や、歴史地理学の手法を用いて荘園(備後国太田荘・薩摩国入来院)を実地踏査した具体的な内部構造研究など、今日まで大きな影響をおよぼしている名論文を収載。(解説=池  享)

このページのトップへ

関連書籍

永原慶二著作選集 10

永原慶二著作選集 10

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
永原慶二著作選集 9

永原慶二著作選集 9

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 
永原慶二著作選集 8

永原慶二著作選集 8

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
永原慶二著作選集 7

永原慶二著作選集 7

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 
永原慶二著作選集 6

永原慶二著作選集 6

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
永原慶二著作選集 5

永原慶二著作選集 5

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 
永原慶二著作選集 4

永原慶二著作選集 4

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
永原慶二著作選集 2

永原慶二著作選集 2

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 
永原慶二著作選集 1

永原慶二著作選集 1

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 

このページのトップへ