安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 永原慶二著作選集 5

永原慶二著作選集 5

大名領国制 中世後期の社会と経済

永原慶二著作選集 5

政治思想、商業・交通、技術などの論考を収録

著者 永原 慶二
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 個人著作集
シリーズ 著作集 > 永原慶二著作選集
出版年月日 2007/11/01
ISBN 9784642026840
判型・ページ数 A5・588ページ
定価 本体16,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

◆大名領国制=南北朝内乱(鎌倉幕府の滅亡/建武政権/内乱の展開/領域支配の進展/幕権の強化と南朝の消滅/内乱期の政治・社会思想)以下細目略/室町幕府体制の展開/経済発展と海外貿易/応仁・文明の乱/戦国大名領の形成/王権強化への道/豊臣政権/大名領国制論 ◆中世後期の社会と経済=中世後期の動乱と政治思想(南北朝の内乱/南北朝内乱期の政治思想/『太平記』の社会的背景/太平記の時代と九州地方/北畠親房/北畠親房の手紙/戦国時代の社会と秩序)以下細目略/貨幣と土倉/室町戦国の商人と交通/商業・技術・生産力

このページのトップへ

内容説明

『体系・日本歴史』の第三巻として執筆され、南北朝内乱から織豊政権までをあつかった通史『大名領国制』。あわせて当該期の政治思想、貨幣と商業・交通、技術と生産に関わる論考一七点を収録。前者は、著者が提唱する大名領国制論の出発点に位置づけられ、後者は、中世後期の社会を、生産力の発展を基礎とする社会的分業の進展という視点から解明する。(解説=鈴木敦子)

このページのトップへ

関連書籍

永原慶二著作選集 10

永原慶二著作選集 10

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
永原慶二著作選集 9

永原慶二著作選集 9

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 
永原慶二著作選集 8

永原慶二著作選集 8

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
永原慶二著作選集 7

永原慶二著作選集 7

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 
永原慶二著作選集 6

永原慶二著作選集 6

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
永原慶二著作選集 4

永原慶二著作選集 4

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 
永原慶二著作選集 3

永原慶二著作選集 3

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
永原慶二著作選集 2

永原慶二著作選集 2

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 
永原慶二著作選集 1

永原慶二著作選集 1

戦後の歴史学界をリードした永原史学を集成

著者:永原 慶二
 
 

このページのトップへ