安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 荘園の解体

荘園の解体 4

荘園の解体

最新の調査研究の成果を集大成した画期的講座

著者 網野 善彦
石井 進
稲垣 泰彦
永原 慶二
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 中世史
シリーズ 日本史 > 講座 日本荘園史
出版年月日 1999/10/01
ISBN 9784642026949
判型・ページ数 A5・480ページ
定価 本体6,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

室町幕府・守護と荘園…岸田裕之/荘園解体期における請負代官制…永原慶二/応仁の乱と在地社会…酒井紀美/中世後期の荘園と村落…仲村 研/社会的分業と市場構造の転換…脇田晴子/荘園制的収取体系の変質と解体…島田次郎/大名領国制と荘園…池上裕子/荘園の消滅と太閤検地…池 亨/特論1 荘園制下の和市…佐々木銀弥/特論2 荘園解体期の京都…仁木 宏/特論3 室町期禅宗寺院領荘園の推移-鹿王院領の場合-…新田英治

このページのトップへ

内容説明

室町幕府・守護と荘園/荘園解体期における請負代官制/応仁の乱と在地社会/中世後期の荘園と村落/社会的分業と市場構造の転換/荘園制的収取体系の変質と解体/大名領国制と荘園/荘園の消滅と太閤検地/特論1=荘園制下の和市/特論2=荘園解体期の京都/特論3=室町期禅宗寺院領荘園の推移―鹿王院領の場合―

このページのトップへ

関連書籍

平家政権と荘園制

平家政権と荘園制

平家領の形成過程や領有構造などを分析する

著者:前田 英之
 
荘園

荘園 57

全史を大胆かつ平易に描いた荘園史の決定版

著者:永原 慶二
 
 
四国・九州地方の荘園 付総索引

四国・九州地方の荘園 付総索引 10

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
荘園の構造

荘園の構造 3

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
近畿地方の荘園 Ⅲ

近畿地方の荘園 Ⅲ 8

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
中国地方の荘園

中国地方の荘園 9

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
近畿地方の荘園 Ⅱ

近畿地方の荘園 Ⅱ 7

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
北陸地方の荘園・近畿地方の荘園 Ⅰ

北陸地方の荘園・近畿地方の荘園 Ⅰ 6

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
荘園の成立と領有

荘園の成立と領有 2

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
東北・関東・東海地方の荘園

東北・関東・東海地方の荘園 5

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
 
荘園入門

荘園入門 1

最新の調査研究の成果を集成した画期的講座

 
日本荘園史大辞典

日本荘園史大辞典

荘園のすべてを一冊に集大成

著者:瀬野 精一郎
 
 

このページのトップへ