安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 一向一揆と戦国社会

一向一揆と戦国社会

一向一揆と戦国社会

信仰の実態、本願寺教団との関わり、信長との対決と和解、近世以降の教団の発展など、総体的に解明し、新たな位置づけを与える。

著者 神田 千里
ジャンル 日本歴史 > 中世史
宗教史 > 仏教
出版年月日 1998/10/01
ISBN 9784642027656
判型・ページ数 A5・364ページ
定価 本体7,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

「百姓の持ちたる国」をめざして戦国時代に光芒を放った一向一揆。その紐帯となった信仰の実態、本願寺教団との関わり、織田信長との対決と和解、近世以降の教団の発展など、総体的に解明し、新たな位置付けを与える。

このページのトップへ

関連書籍

一向一揆と石山合戦

一向一揆と石山合戦 14

民衆が巻き込まれ、自ら関わった戦争の実像

著者:神田 千里
 
信長と石山合戦

信長と石山合戦

11年に及ぶ戦いに本願寺教団の本質を問う

著者:神田 千里
 
 
一向一揆論

一向一揆論

仏教史・真宗史の視点から捉え直す

著者:金龍 静
 
 

このページのトップへ