安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世の武力と城郭

中世の武力と城郭

中世の武力と城郭

絵巻や民俗儀礼、城跡の発掘成果等を駆使し、中世を生きた人々の行動様式や心性を鮮やかに描き出す。

著者 中澤 克昭
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 1999/08/01
ISBN 9784642027830
判型・ページ数 A5・300ページ
定価 本体6,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

中世は武力と宗教の時代であった。武人も信仰を求め、宗教者も武装した。民衆にも武力と宗教は不可欠だった。本書は絵巻や民俗儀礼、城跡の発掘成果等を駆使し、中世を生きた人々の行動様式や心性を鮮やかに描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

東北の名城を歩く 南東北編

東北の名城を歩く 南東北編

名城66を最新の発掘成果で紹介。図版多数

著者:飯村 均
室野 秀文
 
日本城郭史

日本城郭史

「軍事」と「日常」という視点で実態に迫る

 
 
近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

精選した名城79を紹介したシリーズ近畿編

著者:仁木 宏
福島 克彦
 
 

このページのトップへ