安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日蓮信仰の系譜と儀礼

日蓮信仰の系譜と儀礼

日蓮信仰の系譜と儀礼

聖者によせる信仰の系譜を古代から辿り、今日まで続く祖師信仰の姿を解明。日蓮をめぐる信仰の歴史と実態に迫る。

著者 中尾 堯
ジャンル 宗教史 > 仏教
出版年月日 1999/11/01
ISBN 9784642027854
判型・ページ数 A5・336ページ
定価 本体7,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/第一章=聖者信仰と祖師信仰(聖者崇拝から祖師信仰へ/霊性の継承)/第二章=日蓮の霊性(日蓮の隠棲と山中観/日蓮像の聖化-その裸形着衣像をめぐって-)/第三章=祖師信仰の儀礼と造形(日蓮宗と貴族の信仰-近衛家を中心に-/祖師信仰と板碑供養)/第四章=江戸の祖師信仰(『東都歳事記』の信仰行事/日蓮宗(法華宗)の年中行事)/第五章=日蓮信仰の儀礼(日蓮信仰の素描/法難会とお会式/法難会の儀礼と講/御会式と題目講/京都松ヶ崎題目講の信仰と習俗/七面山の信仰と儀礼)/おわりに

このページのトップへ

内容説明

日蓮は、独特な伝道と法難の克服によって、超越的な力をもつ聖者と仰がれ、その信仰は祖師信仰として後世に受け継がれた。聖者によせる信仰の系譜を古代からたどり、今日まで続く祖師信仰の姿を明らかにする。また日蓮の木像をはじめ、題目講や修行の儀礼、江戸市中での年中行事など、現在もなお盛んな日蓮をめぐる信仰の歴史と実態を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

天皇の即位儀礼と神仏

天皇の即位儀礼と神仏

皇位の正統性はいかにして創出されたのか?

著者:松本 郁代
 
日蓮

日蓮

残された手紙や著作から生涯や思想を読解

著者:田村 芳朗
 
 
日蓮と鎌倉

日蓮と鎌倉

日蓮宗開祖の波瀾の生涯を足跡をたどり描く

著者:市川 浩史
 
日蓮

日蓮

史実に基づく正確な一大伝記シリーズ!

著者:大野 達之助
 
 
日蓮真蹟遺文と寺院文書

日蓮真蹟遺文と寺院文書

新たな日蓮像と教団の特質に迫る

著者:中尾 堯
 
 

このページのトップへ