安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国大名尼子氏の研究

戦国大名尼子氏の研究

戦国大名尼子氏の研究

地元に残る史料を丹念に収集し、支配の実態や盛衰の時期など、初めてその実像を描き出す。

著者 長谷川 博史
ジャンル 日本歴史
出版年月日 2000/05/01
ISBN 9784642027939
判型・ページ数 A5・300ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

中国地方に霸を唱え、最盛期には十一カ国を支配したとされる戦国大名尼子氏。しかし秀吉による天下統一以前に滅亡したため史料が伝わらず、いままでその姿は近世の軍記物などによって推定されてきた。地元に残る史料を丹念に収集し、支配の実態や盛衰の時期など、初めてその実像を描き出す。戦国期守護論や大名領国制論にも一石を投ずる注目の書。

このページのトップへ

関連書籍

西国の戦国合戦

西国の戦国合戦 12

歴史の本流になれなかった西国大名の戦い

著者:山本 浩樹
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
 

このページのトップへ