安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本中世禅籍の研究

日本中世禅籍の研究

日本中世禅籍の研究

禅林の修道だけではなく、様々な情報を伝える禅僧の著述。禅籍世界の知られざる側面に光をあてる。

著者 今泉 淑夫
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2004/04/01
ISBN 9784642028325
判型・ページ数 A5・384ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序/Ⅰ=禅籍(『糟粕』について/『諸賢雑文』について/『五山仏事法語集』について/『慧日諸老法語偈頌雑録』について/『談柄』について)/Ⅱ=詩文(『花上集』について/『花上集鈔』について/?之恵鳳小考/補遺=天瑞守選について)/Ⅲ=僧と禅籍(中世における或る無名僧の読書/大安寺長寿侍者について)

このページのトップへ

内容説明

禅僧の著述は、中世禅林の修道の実際を伝えるとともに、武家社会と禅林の交流、武家の伝記史料としても利用すべきものが多い。応仁の乱前後の一山派の動向を語る書状を集めた『諸賢雑文』、室町中期詩文僧作品のアンソロジー『花上集』、室町時代京都の無名僧の読書、和泉堺の無名僧の生活などを紹介。中世禅籍世界の知られざる側面に光をあてる。

このページのトップへ

関連書籍

日本中世禅籍の研究

日本中世禅籍の研究

禅籍世界の知られざる側面に光をあてる。

著者:今泉 淑夫
 
禅宗の歴史

禅宗の歴史

政治・外交・文化に影響を与えた禅宗の力

著者:今枝 愛真
 
 
禅僧たちの室町時代

禅僧たちの室町時代

禅宗集団の修道の姿と、堕落・退廃の実態

著者:今泉 淑夫
 
亀泉集証

亀泉集証 271

室町禅林のキーパースンの生涯を描き出す

著者:今泉 淑夫
 
 
栄西

栄西

鎌倉期臨済宗の開祖。茶祖。人と事蹟を描く

著者:多賀 宗隼
 
禅と天神

禅と天神

海を渡った天神さま。夢と伝説

著者:今泉 淑夫
島尾 新
 
 
禅と地域社会

禅と地域社会

禅宗史研究に新たな地平を拓く待望の論集!

著者:広瀬 良弘
 
日本禅宗の伝説と歴史

日本禅宗の伝説と歴史 189

〈禅〉の歴史が1冊でわかる!

著者:中尾 良信
 
 
日本中世の禅宗と社会

日本中世の禅宗と社会

禅宗像を再検討し中世後期仏教の特質を追究

著者:原田 正俊
 
中世禅僧の墨蹟と日中交流

中世禅僧の墨蹟と日中交流

さまざまな墨蹟を読み解き交流の実態に迫る

著者:西尾 賢隆
 
 

このページのトップへ