安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 荘園の在地構造と経営

荘園の在地構造と経営

荘園の在地構造と経営

綿密な現地調査と詳細な復原地図から中世荘園の世界を描く。形成・伝領や年貢収納の実態に迫る。

著者 須磨 千頴
ジャンル 日本歴史
出版年月日 2005/03/01
ISBN 9784642028400
判型・ページ数 A5・500ページ
定価 本体14,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

綿密な現地調査と詳細な復原地図をもとに、中世荘園の世界を鮮やかに描き出した著者ライフワークの集大成。中世賀茂別雷神社領や山城国紀伊郡・尾張国安食庄・越前国西福寺領などを中心に、荘園の形成・立地・伝領と在地構造を解明。さらに、東寺領太良庄「樋指図」や土倉野洲井の年貢収納など、荘園経営の実態を浮き彫りにした、珠玉の大著。

このページのトップへ

関連書籍

平家政権と荘園制

平家政権と荘園制

平家領の形成過程や領有構造などを分析する

著者:前田 英之
 
 

このページのトップへ