安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 戦国織豊期の社会と儀礼

戦国織豊期の社会と儀礼

戦国織豊期の社会と儀礼

儀礼研究の最前線とそのゆくえが分かる論考23編

著者 二木 謙一
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2006/04/01
ISBN 9784642028509
判型・ページ数 A5・552ページ
定価 本体17,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序…二木謙一/第一編=政治と儀礼(将軍宣下儀礼の変遷…二木謙一/殿上淵酔の成立と展開…矢部健太郎/戦国・織豊期徳川氏の謡初…平野明夫/家康生涯三度の源氏公称・改姓…岡野友彦/太閤・関白間における情報伝達の構造―木下吉隆・駒井重勝の動向を中心に―…堀越祐一/出雲国造の永宣旨受領と「出雲国神社惣検校職」…橋本政宣)/第二編=武家社会の作法(室町幕府における錦御旗と武家御旗―関東征討での運用を中心として―…杉山一弥/中世の誓約の作法―戦国期の東国を中心として―…千々和 到/戦国武将の養鷹と鷹書の伝授―越前朝倉氏を中心に―…宮永一美/東国への鉄炮伝播と岸和田流炮術の流行…宇田川武久/近世長氏の家と寺社…横田光雄)/第三編=権力と制度(建武政権の所領政策…村井章介/石清水八幡宮寺と境内都市「八幡」の検断と訴訟…鍛代敏雄/戦国期武田信虎の領国支配機構…柴辻俊六/戦国期佐竹氏の権力確立と鹿島神宮…今泉 徹/中世後期の伝馬役―戦国大名伝馬制度の歴史的前提―…野澤隆一/戦国期駿河・遠江の熊野領と大名…長谷川弘道)/第四編=文化と宗教(鎌倉・室町期の箱根権現別当…森 幸夫/茶道史における「淋汗茶湯」の位置付け…竹本千鶴/山城国松尾社の頭役神事―室町・戦国期を中心に―…松浦 弘/戦国織豊期における諸国祇園会の羯鼓稚児舞…福原敏男/イエズス会史料が明かす天徳寺とキリシタン法の接点…的場節子/曲直瀬道三の「当流医学」相伝…宮本義己)

このページのトップへ

内容説明

儀礼研究はつねに中世から近世への連続という視点を欠いてはならない―。かつて民俗学や風俗史の一部として断片的に扱われてきた儀礼研究は、近年、目覚しい進展を遂げている。その最前線で活躍する研究者二十三人の最新論考を、政治と儀礼、武家社会の作法、権力と制度、文化と宗教の四編に分けて収録。儀礼研究の行方を展望する上で必読の一冊。

このページのトップへ

関連書籍

天皇の即位儀礼と神仏

天皇の即位儀礼と神仏

皇位の正統性はいかにして創出されたのか?

著者:松本 郁代
 
豊臣政権の権力構造

豊臣政権の権力構造

五大老・五奉行の検討から権力構造を解明

著者:堀越 祐一
 
 
織田信長権力論

織田信長権力論

史料を丹念に読み解き、新たな信長像を解明

著者:金子 拓
 
織田信長

織田信長 272

英雄視する後世の評価を再考した等身大の姿

著者:池上 裕子
 
 
東国の戦国争乱と織豊権力

東国の戦国争乱と織豊権力 7

東国にとっての「天下統一」を問う

著者:池 享
 
織豊政権と東国社会

織豊政権と東国社会

惣無事令論を再検討。境目地域論なども言及

著者:竹井 英文
 
 
戦国・織豊期の権力と社会

戦国・織豊期の権力と社会

地域に即した視座から総合的に論究する。

著者:本多 隆成
 
 

このページのトップへ