安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中近世の村落と水辺の環境史

中近世の村落と水辺の環境史

景観・生業・資源管理

中近世の村落と水辺の環境史

漁撈・水利開発などの生業史と、村落が資源の利用・管理に果たしてきた役割について「コモンズ」の視点から検証。新たな環境史の試み

著者 佐野 静代
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 2008/12/01
ISBN 9784642028790
判型・ページ数 A5・368ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章=日本の環境史研究と「水辺」(本書の視座/日本における環境史研究の展開とその課題)/Ⅰ=河川の中世的開発と村落景観(第一章=古代末期・中世の開発画期と平野部荘園の灌漑水利/第二章=中世居館の用水支配機能と村落景観/第三章=水堀の系譜と城下町の起源/補論=近江の織豊期城下町と水運・港をめぐって)/Ⅱ=湖岸の環境利用と資源管理(第一章=湖の御厨の環境史/第二章=中近世における水辺の「コモンズ」と村落・荘郷・宮座/第三章=琵琶湖岸内湖周辺村落における伝統的環境利用システムとその崩壊/第四章=エコトーンとしての潟湖における生業活動と「コモンズ」/終章=水辺の環境史研究の意義と可能性)/あとがき

このページのトップへ

内容説明

日本の水辺は干拓や埋立ての危機にさらされている。中世以来の水辺の環境に焦点をあて、漁撈・水利開発などの生業史と、村落が資源の利用・管理に果たしてきた役割について「コモンズ」の視点から検証。水辺の「文化的景観」の長期的変動を読み解き、「里湖」としての地域システムから今後の水辺再生を考える、新たな環境史の試み。

このページのトップへ

関連書籍

近世の村と地域情報

近世の村と地域情報

地域情報という新視点から村社会を追究

著者:東 昇
 
里山の成立

里山の成立

さまざまな機能を有した里山の特質を解明

著者:水野 章二
 
 
中世の環境と開発・生業

中世の環境と開発・生業 3

生活基盤を支えた自然環境の特質に迫る

著者:井原 今朝男
 
日本史と環境

日本史と環境 1

歴史から導きだす、新たな自然観・環境観

著者:平川 南
 
 
環境先進国・江戸

環境先進国・江戸

リサイクルなど、地球との共存を探った名著

著者:鬼頭 宏
 
近世瀬戸内の環境史

近世瀬戸内の環境史

広島藩領を中心に自然と人々の暮らしを解明

著者:佐竹 昭
 
 

このページのトップへ