安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 奥羽から中世をみる

奥羽から中世をみる

奥羽から中世をみる

平泉政権、安藤・伊達氏、奥羽仕置などを探る論集

著者 藤木 久志
伊藤 喜良
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 中世史
出版年月日 2009/06/01
ISBN 9784642028868
判型・ページ数 A5・342ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに…藤木久志/Ⅰ=北奥羽からの視点(平泉藤原氏政権と帰義軍節度使政権…工藤雅樹/御館は秀郷将軍嫡流の正統なり…入間田宣夫/四通の十三湊安藤氏相伝文書と八戸南部氏…斉藤利男)/Ⅱ=南奥羽の国人(石川一族板橋氏の成立と展開…小豆畑毅/陸奥・出羽の悪党と国人一揆(その一)…渡部正俊/嘉吉の乱後の鎌倉府と綸旨…伊藤喜良/領域勧農の記憶―南奥の「白川家年中行事」断章―…藤木久志)/Ⅲ=戦国の様相と伊達氏(戦国期南奥羽の地域と印章…大石直正/十六世紀中葉の懸田氏系城館―小手郷周辺の天文の乱の城館―…高橋圭次/永禄七、八年の長沼をめぐる抗争…高橋 明/月斎と梅雪齋の対立と大越紀伊守―清顕後の家中抗争の一要因―…若松富士雄/郡山合戦にみる伊達政宗の境目認識…垣内和孝/天正期伊達領国における片倉景綱の立場…菅野正道/簗川八幡祭礼と近衛稙家…高橋健一/伊達郡における伊達氏の文化…鈴木 啓)/Ⅳ=奥羽仕置後(南奥羽の蒲生領の支城配置…高橋 充/最上氏の改易と家臣の行方…伊藤清郎)/おわりに…伊藤喜良

このページのトップへ

内容説明

中世奥羽地域に焦点をあて、その視点から日本中世の政治・社会の問題に挑んだ画期的論文集。平泉政権や安藤氏、南奥羽の国人、戦国大名の様相と伊達氏、奥羽仕置後など十七編を収録。日本中世史研究に一石を投じる。

このページのトップへ

関連書籍

戦国時代の南奥羽社会

戦国時代の南奥羽社会

大名たちの領国支配や地域社会の特徴に迫る

著者:遠藤 ゆり子
 
鎌倉幕府と東北

鎌倉幕府と東北 2

「幕府の植民地」論に収まらない鎌倉期東北

著者:七海 雅人
 
 
東北近世の胎動

東北近世の胎動 5

近世への転換期の東北を多様な視点で描く

著者:高橋 充
 
伊達氏と戦国争乱

伊達氏と戦国争乱 4

戦に明け暮れた東北戦国大名らの動向に迫る

著者:遠藤 ゆり子
 
 

このページのトップへ