安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世武家社会の政治構造

近世武家社会の政治構造

近世武家社会の政治構造
著者 笠谷 和比古
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 1993/02/01
ISBN 9784642033107
判型・ページ数 A5・474ページ
定価 本体8,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

近世武家社会の形成過程、武士の行動形態などから武士の基本性格を探り、近世大名を類別して外様国持大名の重要性を説く。更に主従制の性格、行政官僚制、知行・封禄の存在形態等を検討、徳川将軍の政治・権力構造を解明。

このページのトップへ