安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 論語雕題

論語雕題

論語雕題
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

中井履軒の「論語」注釈書で、『論語雕題』『論語雕題略』『論語逢原』から構成されている。『雕題』は、刊本の欄外に付された履軒の注釈であり、『雕題略』は、この内容を要約したもので、両書を集大成したものが『?原』である。朱子の注釈を踏まえた実証的な履軒の師である五井藍洲の「非物●」や、兄の中井竹山の「非徴」などと比較してみるのも興味深い。

このページのトップへ