安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 荘子雕題

荘子雕題

荘子雕題
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

中井履軒は懐徳堂学派の代表的漢学者で、儒教教典に止まず史書や諸子など幅広い分野の文献に通じていた。『荘子雕題』は、『老子雕題』と並ぶ履軒の道家文献に対する注釈書。本書は荘子の異端性を肯定的に評価する履軒独特の荘子観を反映しており、江戸期老荘学史上、独自の地位を占めるものである。懐徳堂文庫に収蔵される履軒自筆本を影印。

このページのトップへ

関連書籍

近世大坂の町と人

近世大坂の町と人

経済活動、盛り場、適塾…商都の魅力に迫る

著者:脇田 修
 
 

このページのトップへ