安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世日本の都市と民衆

近世日本の都市と民衆

住民結合と序列意識

近世日本の都市と民衆
著者 渡辺 浩一
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 近世史
出版年月日 1999/01/01
ISBN 9784642033497
判型・ページ数 A5・362ページ
定価 本体8,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

都市と民衆の関わりを、新視点より追究。19世紀の在方町武蔵国粕壁をはじめ、城下町仙台などを取り上げ、「住民結合」の実態とその歴史的位置等を明らかにする。あわせ城下町―在方町―村という「序列意識」を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

闘いを記憶する百姓たち

闘いを記憶する百姓たち 454

領主や幕府に訴えをなす民衆が主人公の歴史

著者:八鍬 友広
 
日本古代・中世都市論

日本古代・中世都市論

絵画・地図や考古学等を駆使した最新成果

著者:仁木 宏
 
 

このページのトップへ