安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 封建制下の社会と交通

封建制下の社会と交通

封建制下の社会と交通

荘園村落と農民、参勤交代制、『葉隠』思想など中・近世の政治・法制・社会の諸問題を論究。

著者 丸山 雍成
ジャンル 日本歴史
出版年月日 2001/06/01
ISBN 9784642033688
判型・ページ数 A5・1344ページ
定価 本体13,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

中世・近世を中心とした政治・法制・社会の諸問題を、緻密な史料解釈により縦横に論ずる。荘園村落と農民、国人領主、参勤交代制、特異な百姓一揆、『葉隠』思想、大名・庶民の食生活、交通と流通などを多角的に論究。

このページのトップへ

関連書籍

朝河貫一と日欧中世史研究

朝河貫一と日欧中世史研究

朝河の先駆性と史学史上の意義を再評価する

 
日本古代の交通・交流・情報 2

日本古代の交通・交流・情報 2

文学作品や記録から旅と交易の実態を再現

 
 
日本交通史

日本交通史

古代から近世の水陸交通の実相を説いた通史

著者:児玉 幸多
 
 

このページのトップへ