安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 幕藩制形成期の琉球支配

幕藩制形成期の琉球支配

幕藩制形成期の琉球支配

幕藩制国家の対外的窓口の一つ、琉球に対する国家支配のあり方を浮彫にし、研究に新指針を提示。

著者 上原 兼善
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 2001/11/01
ISBN 9784642033725
判型・ページ数 A5・360ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

江戸幕府草創期の外交を検討する上で、琉球研究は欠かせない。豊臣政権から徳川「鎖国」体制の確立期まで、幕藩制国家の対外的窓口の一つ、琉球に対する国家支配のあり方を浮き彫りにし、今後の琉球研究に新指針を提示。

このページのトップへ

関連書籍

琉球と中国

琉球と中国 153

琉球王国の歴史はなぜ消し去られたか

著者:原田 禹雄
 
アジアのなかの琉球王国

アジアのなかの琉球王国 47

アジアに雄飛した琉球王国の壮大な物語

著者:高良 倉吉
 
 
琉球国使節渡来の研究

琉球国使節渡来の研究

使節渡来の実態と「琉球」の位置を論じる

著者:横山 學
 
琉球王国の外交と王権

琉球王国の外交と王権

王国独自の政治外交と王権の特質に迫る

著者:豊見山 和行
 
 
琉球・沖縄史の世界

琉球・沖縄史の世界 18

自立した視点から描くの琉球・沖縄史

著者:豊見山 和行
 
 

このページのトップへ