安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代国家の地方支配と東北

古代国家の地方支配と東北  新刊

古代国家の地方支配と東北

按察使や郡司など地方制度の実証的研究とともに、陸奥南部=南奥に光をあて東北古代史を見直す。未発表稿を含む研究7編を収録する。

著者 今泉 隆雄
ジャンル 日本歴史 > 古代史
出版年月日 2017/12/26
ISBN 9784642046411
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章 古代史学と考古学のあいだで/古代国家の地方支配(按察使制度の一考察/八世紀郡領の任用と出自)/古代東北の南と北(古代東北の南と北/律令国家と蝦夷/陸奥国と石城郡/陸奥国と白河郡/古代南奥の地域的性格)/付章 銘文と碑文

このページのトップへ

内容説明

文献史学と考古学双方による研究のあり方について模索しつつ、古代史研究を牽引した著者の業績を集成。按察使(あぜち)や郡司など地方官の実態を解明した若き日の実証的研究と、その成果をもとに陸奥南部=南奥地域に光をあて東北古代史の捉え直しを試みた、近年の未発表稿を含む研究、合わせて7編を収録する。付論として金石文に関する論考一編を加える。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代の郡司と天皇

日本古代の郡司と天皇

郡司・郡司制度などから古代国家像を検証

著者:磐下 徹
 
地方官人たちの古代史

地方官人たちの古代史 386

〝お役人〟の仕事を紹介し、その活躍を描く

著者:中村 順昭
 
 
古代国家と東北

古代国家と東北

北方の捉え方や征夷と蝦夷支配の実態を追究

著者:熊田 亮介
 
古代国家の東北辺境支配

古代国家の東北辺境支配

構造と展開を解明。蝦夷社会の実像にも迫る

著者:今泉 隆雄
 
 
倭国の形成と東北

倭国の形成と東北 2

古墳文化と続縄文文化が対峙した時代を描く

著者:藤沢 敦
 
古代東北史の人々

古代東北史の人々

北辺の地に生き、歴史を創り出した人間群像

著者:新野 直吉
 
 

このページのトップへ