安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本メディア史年表

日本メディア史年表  新刊

日本メディア史年表

1837年の電信機発明から現代まで、マスコミ関連会社の発足やメディアをめぐる事件、技術革新、映画・文学作品を年表で掲載。

著者 土屋 礼子
ジャンル 日本歴史 > 辞典・事典・年表・地図
日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2017/12/27
ISBN 9784642014779
判型・ページ数 菊判・370ページ
定価 本体6,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序文…土屋礼子/凡例/年表/典拠文献一覧/コラム メディアが映す時代(通信社の始まり/世界分割協定/「広告」の誕生/新聞の号外とかわら版/高級紙と大衆紙/明治期の大出版社・博文館/映画の誕生/広告会社の栄枯盛衰/印刷機と新聞/「出版」という言葉/無線から放送へ―ラジオの誕生/記者とは何者か/講談社の社名の由来/国産アニメーション映画の誕生/満洲と広告/ラジオ体操/帝国のメディア―植民地とラジオ/雑誌と付録/戦争と通信社/映画法成立と映画統制/占領期のアウトサイダー雑誌―リーダイ・カストリ雑誌/新聞の販売/国際社会へ進出する日本映画/五社協定とスターの専属制/皇太子ご成婚とテレビの普及/広告賞の変遷/テレビニュースの変遷/戦後のメディア・イベント―アポロ月面着陸と浅間山荘事件/記者クラブ/細分化する女性雑誌/映画不況と政府支援/ウォークマンからiPodへ/ニューメディア元年/プロダクト・プレイスメント/インターネットの発達と普及/インターネット広告/2ちゃんねるの時代/現代の通信社/秋葉原通り魔事件/SNSと政治参加)/付録/索引

このページのトップへ

内容説明

新聞やラジオなど「メディア」の発達と普及とともに社会は大きく変容した。1837年の電信機発明より現代まで、新聞・出版・通信・放送・映画・IT・広告会社などの発足や動向、メディアをめぐる事件、技術革新、代表的な映画・文学作品名などを年表にして掲載。豊富な写真とコラムで時代が身近に感じられ、メディアと社会の関係がわかる。

カタログのデータ(PDF)をダウンロードできます。
 ダウンロード

このページのトップへ

関連書籍

戦争と放送

戦争と放送

ラジオ放送が情報操作に果たした役割を解明

著者:竹山 昭子
 
戦時下の日本映画

戦時下の日本映画

「娯楽」は統制されたか。昭和戦時下の日本

著者:古川 隆久
 
 
「帝国」の映画監督 坂根田鶴子

「帝国」の映画監督 坂根田鶴子

女性目線から創られた国策映画の意義を解明

著者:池川 玲子
 
「時代映画」の誕生

「時代映画」の誕生

観客を魅了した時代映画の誕生期を活写する

著者:岩本 憲児
 
 
日中間海底ケーブルの戦後史

日中間海底ケーブルの戦後史

国交正常化後初の日中共同プロジェクト

著者:貴志 俊彦
 
「自由の国」の報道統制

「自由の国」の報道統制 381

〝戦争″と〝言論・報道の自由″を考える

著者:水野 剛也
 
 
対日宣伝ビラが語る太平洋戦争

対日宣伝ビラが語る太平洋戦争

豊富な図版で対日心理戦の実像に迫る!

著者:土屋 礼子
 
〈報道写真〉と戦争

〈報道写真〉と戦争

報道写真家たちの実像と戦争責任を追及する

著者:白山 眞理
 
 
日清・日露戦争と写真報道

日清・日露戦争と写真報道 348

従軍カメラマンが記録した明治の戦争!

著者:井上 祐子
 
満洲国のビジュアル・メディア

満洲国のビジュアル・メディア

建国から消滅までメディア戦略の全貌を検証

著者:貴志 俊彦
 
 
満洲出版史

満洲出版史

法制や諸団体、各出版社の実態を解明する

著者:岡村 敬二
 
紙芝居

紙芝居 103

街角から消えたあのメディアからメッセージ

著者:山本 武利
 
 
近代日本のメディアと階層認識

近代日本のメディアと階層認識

階層認識の形成と変遷を新聞の分析から解明

著者:石堂 彰彦
 
明治・大正の広告メディア

明治・大正の広告メディア

儚くも消えていったメディアの全貌を探る

著者:熊倉 一紗
 
 
情報覇権と帝国日本Ⅰ

情報覇権と帝国日本Ⅰ

西欧情報覇権への帝国日本の挑戦を描く

著者:有山 輝雄
 
情報覇権と帝国日本Ⅱ

情報覇権と帝国日本Ⅱ

東アジアの利権獲得をめぐる挑戦と挫折

著者:有山 輝雄
 
 
情報覇権と帝国日本Ⅲ

情報覇権と帝国日本Ⅲ

日朝間に視点をあてた唯一の情報通信史!

著者:有山 輝雄
 
 

このページのトップへ