安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本古代の政治と仏教

日本古代の政治と仏教  新刊

国家仏教論を超えて

日本古代の政治と仏教

得度と為政者との関係、天皇権の発動契機の分析から古代の権力を追究。〈国家仏教〉論の歴史的成立過程を解明し、従来の理解を超克。

著者 佐藤 文子
ジャンル 日本歴史 > 古代史
宗教史 > 仏教
出版年月日 2017/12/15
ISBN 9784642046404
判型・ページ数 A5・296ページ
定価 本体11,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

総説/優婆塞貢進の実像とその史的意義(優婆塞貢進文の再検討/優婆塞貢進とは何か/〈網羅的官度制〉から〈限定的官度制〉へ)/日本古代における得度前行者の存在形態(古代における白衣の俗人たち/得度前行者の存在形態/得度前行者とは何であったのか)/古代の得度に関する基本概念の再検討―官度・私度・自度を中心に(「官度」の概念と得度システム/「私度」と「自度」とを検証する/古代社会のなかの「私度」の実像)/延暦年分度者制の再検討(延暦年分度者制の基本理念/延暦年分度者制起草以前の得度制/延暦年分度者制成立の基盤と背景)以下細目略/臨時得度の政治思想/淳仁朝の造宮計画―宮の新営と天皇権獲得の原理/郊野の思想―長岡京域の周縁をめぐって/結章 史学史としての〈国家仏教〉論

このページのトップへ

内容説明

古代の日本は、中央集権的な国家が政治の手立てとして仏教を興隆し、得度を統制したと理解されてきた。それは本当に実態に即した姿なのであろうか。得度と為政者との関係、天皇権の発動契機などを古代人の思想に沿って分析し、古代社会における権力の実情を探る。さらに、〈国家仏教〉論の歴史的成立過程を解き明かし、従来の理解を超克する意欲作。

このページのトップへ

関連書籍

古代国家仏教と在地社会

古代国家仏教と在地社会

重層的な仏教受容のあり方と特質を解明する

著者:藤本 誠
 
法華経と古代国家

法華経と古代国家

最澄がひろめた法華経の内容や性質を分析

著者:田村 圓澄
 
 
古代東アジアの国家と仏教

古代東アジアの国家と仏教

仏教受容に古代朝鮮はどんな役割を果したか

著者:田村 圓澄
 
古代国家と仏教経典

古代国家と仏教経典

「国家仏教」体制が成立した歴史的背景とは

著者:田村 圓澄
 
 
事典 日本の仏教

事典 日本の仏教

日本人は仏教をどう理解し実践してきたのか

著者:蓑輪 顕量
 
 

このページのトップへ