安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世北奥社会と民衆

近世北奥社会と民衆

近世北奥社会と民衆
著者 浪川 健治
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 近世史
出版年月日 2005/01/01
ISBN 9784642033961
判型・ページ数 A5・322ページ
定価 本体7,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

蝦夷地の幕領化が図られた近世後期、民衆は、北海道へ出稼ぎ・定住するようになった。藩領を超える民衆の移動の実態とその特質を、蝦夷地政策と村落状況の変容を基軸に解明。移動が恒常化する近世北奥社会の実像を描く。

このページのトップへ

関連書籍

闘いを記憶する百姓たち

闘いを記憶する百姓たち 454

領主や幕府に訴えをなす民衆が主人公の歴史

著者:八鍬 友広
 
 

このページのトップへ