安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世悪党の研究

中世悪党の研究

中世悪党の研究

制度・秩序・権威と向かい合って自己を主張する彼らの行動と性格を、東大寺―黒田荘の構造的な発展と変質の過程を主軸に考察する。

著者 新井 孝重
ジャンル 日本歴史 > 中世史
シリーズ オンデマンド版 > 戊午叢書〔オンデマンド版〕
出版年月日 2017/10/01
ISBN 9784642726320
判型・ページ数 A5・310ページ
定価 本体11,500円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

荘園に跳梁する悪党や朝憲も恐れぬ悪僧。制度・秩序・権威と向かい合って自己を主張する彼らのダイナミックな行動と性格を、東大寺―黒田荘の構造的な発展と変質の過程を主軸に、民衆との関わりも含めて考察する。

このページのトップへ