安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世農村社会の研究

近世農村社会の研究

近世農村社会の研究

近世村落の成立から、家族や財政など農民生活・農業経営に関する諸問題、明治の町村制・地租改正まで、貴重な20篇を収録。

著者 児玉 幸多
ジャンル 日本歴史 > 近世史
シリーズ オンデマンド版
出版年月日 2017/10/01
ISBN 9784642730006
判型・ページ数 A5・566ページ
定価 本体16,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

近世農村研究の先駆者が戦前・戦後に発表した論考を収めた初期論文集。近世村落の成立から、家族や財政など農民生活・農業経営に関する諸問題、村落社会を揺るがした明治の町村制・地租改正まで、貴重な20篇を収録。

このページのトップへ