安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大化改新の研究(上)

大化改新の研究(上) 1

大化改新の研究(上)

戦後の新しい古代史学を構築した「関史学」の全著作を集大成

著者 関 晃
ジャンル 日本歴史 > 個人著作集
シリーズ オンデマンド版 > 関晃著作集〔オンデマンド版〕
出版年月日 2017/10/01
ISBN 9784642723015
判型・ページ数 A5・384ページ
定価 本体12,500円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

古代国家の性格に関する畿内貴族政権論、大化改新の研究、帰化人の研究など、厳密な史料批判による堅固な実証性と大きな構想力に基づく諸研究。その全貌は、日本史学に大きく寄与するものである。    平均382頁

このページのトップへ