安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 一向一揆の基礎構造

一向一揆の基礎構造

三河一揆と松平氏

一向一揆の基礎構造

三河一向一揆と松平氏の領国支配を基礎構造の分析の上にたってとらえ、松平氏中心史観に蔽われていた三河の中世史を解明した労作。

著者 新行 紀一
ジャンル 宗教史
シリーズ オンデマンド版 > 日本宗教史研究叢書〔オンデマンド版〕
出版年月日 2017/10/01
ISBN 9784642767040
判型・ページ数 A5・370ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 オンデマンド制作
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

三河一向一揆と松平氏の領国支配を基礎構造の分析の上にたってとらえ、松平氏中心史観に蔽われていた三河の中世史を解明し、三河一向一揆の過程を新発見の史料で徹底的に究明した。中世史・近世史研究者必読の労作。

このページのトップへ