安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世書籍文化論

近世書籍文化論

史料論的アプローチ

近世書籍文化論

17世紀中頃の京都の書肆出雲寺家の活動を検討し、「知」がどのように伝播し、蓄積されていったのかを明らかにする。

著者 藤實 久美子
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 2006/01/01
ISBN 9784642034098
判型・ページ数 A5・346ページ
定価 本体9,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章=近世書籍文化研究の沿革と本書の構成/第一部=日本近世における閉鎖系の「知」―書籍文化の諸相―(書肆出雲寺家の創業とその活動―閉鎖系の「知」から開放系の「知」への回路―〈書肆出雲寺家の創業/初代時元の出版活動/時元の結んだネットワーク/「本朝通鑑」編修への協力/「大日本史」編修への協力〉以下細目略/「本朝通鑑」編修と史料蒐集―対朝廷・公家・武家の場合―/榊原忠次による「御当家紀年録」の編纂とその秘匿 /紅葉山文庫の管理と書物師出雲寺家)/第二部=近世書籍文化の基礎(近世書籍の史料論的認識/「徳川実紀」への書籍史料論的アプローチ/近世書籍史料の目録作成方法―史料保存・利用機関収蔵史料の場合―)/終章=近世書籍文化論の総括と展望

このページのトップへ

内容説明

江戸時代に登場した民間書肆(しょし)は、国家権力や同業者による規制を受けつつ、その独自性を高めていった。17世紀中頃の京都の書肆出雲寺家の活動を検討し、「知」がどのように伝播し、蓄積されていったのかを明らかにする。また「徳川実紀」の諸本研究から、史料学的検討の重要性を説き、書籍史料論を構築。近世社会における書籍文化の展開を考える。

このページのトップへ

関連書籍

書物と権力

書物と権力 473

書物の伝播・普及と権力との結びつきを解明

著者:前田 雅之
 
日本古印刷文化史(新装版)

日本古印刷文化史(新装版)

奈良~江戸時代、850年の印刷文化を叙述

著者:木宮 泰彦
 
 

このページのトップへ