安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 地域社会とリーダーたち

地域社会とリーダーたち 3

地域社会とリーダーたち

地域のリーダーたちは江戸時代をどう変革したのか

著者 谷山 正道
平川 新
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本史 > 近世地域史フォーラム
出版年月日 2006/12/01
ISBN 9784642034173
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=近世後期の地域社会とリーダー(十八世紀村役人の行動と「中間」的意識―武蔵国川越藩領の名主奥貫友山を中心に―…白井哲哉/地域リーダーと学問・藩政改革―米沢藩領における金子伝五郎の民衆教化活動を中心に―…小関悠一郎/安永~天明期における大坂鉄座反対運動の展開―連携する中国地方の鉄師と百姓たち―…山崎一郎/地域を担うリーダー―高松藩領における久米栄左衛門の思想と行動―…落合 功/地域史の叙述と自己形成―和泉国の中盛彬にみる「家」と自己の使命―…桑原 恵)/Ⅱ=維新変革期の地域社会とリーダー(中間層論からみる

このページのトップへ

内容説明

明治維新へ向かう日本の変動は、地場産業の勃興や、災害・飢饉を克服する地域再建の動きなど、列島全体の広範な地域改革とその連鎖が基盤となって進んだ。それらを牽引したのが、地域から生み出された多様なリーダーたちであった。彼らはどのように地域社会を組織し、地域を変革したのか。産業・運動・学問・政治など多様な側面から、その人物像を描く。

このページのトップへ