安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 近世の女性相続と介護

近世の女性相続と介護

近世の女性相続と介護

女性と家族のあり方を「家」の継承・運営から解明

著者 柳谷 慶子
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 近世史
日本歴史 > 女性史・ジェンダー・家族史
出版年月日 2007/03/01
ISBN 9784642034203
判型・ページ数 A5・344ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序章=相続および介護にみる女性と家族/第一部=「家」の相続・運営と女性(近世初頭の女性領主―八戸南部氏清心尼の家相続―/女性による武家の相続―盛岡藩・仙台藩の事例から―/大名および家臣家の女性知行―新庄藩を事例として―/大名家の「奥」と改革―仙台藩伊達家を事例として―/姉家督と女性相続―仙台藩牡鹿郡根岸村の事例から―)/第二部=看病・介護をめぐる家と家族(近世の「家」と扶養・介護―『仙台孝義録』の分析から―/介護をめぐる教説と教育/農民家族の扶養・介護と地域社会/武家社会の「看病断」について/武士の病気療

このページのトップへ

内容説明

江戸時代、公共領域から排除された女性は「家」の継承と運営にどう関わっていたのか。女性の武家相続と系図操作、女性知行、大名家の奥向、姉家督からその実情を考察する。また、家族介護における男性の役割の大きさに着目し、武士の介護休暇「看病断(ことわり)」や公的介護支援を追究。介護負担と相続の関係にも触れ、近世の女性と家族のあり方を解明する。

このページのトップへ

関連書籍

お家相続

お家相続

お家の一大事! 重臣たちの秘策とは?

著者:大森 映子
 
日本女性史

日本女性史

女性だけの共同執筆による初の女性通史

 
 

このページのトップへ