安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 客分と国民のあいだ

客分と国民のあいだ 1

近代民衆の政治意識

客分と国民のあいだ

〈知〉の揺らぎから、新たなる〈歴史の知〉へ

著者 牧原 憲夫
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ ニューヒストリー近代日本
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642037006
判型・ページ数 4-6・264ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

明治初年、民衆の心には、近代社会への反発と、政治から切り離されたことによる客分意識が横たわっていた。だが、その人々が、やがて対外戦争に同調していったのはなぜか。国民意識創出の見取り図から近代を問い直す。

このページのトップへ

関連書籍

日記をつづるということ

日記をつづるということ 6

家計簿、ブログ…。日記から近代を問う

著者:西川 祐子
 
〈癒す知〉の系譜

〈癒す知〉の系譜 5

生きがいある生を求めたもう一つの精神史

著者:島薗 進
 
 
国民軍の神話

国民軍の神話 4

軍隊がつむぎだす生と死の神話

著者:原田 敬一
 
客分と国民のあいだ

客分と国民のあいだ 1

〈知〉の揺らぎから新たなる〈歴史の知〉へ

著者:牧原 憲夫
 
 
「故郷」という物語

「故郷」という物語 2

〈知〉の揺らぎから新たなる〈歴史の知〉へ

著者:成田 龍一
 
磐梯山噴火

磐梯山噴火 3

災害観の変化から、時代の転換期を描く

著者:北原 糸子
 
 

このページのトップへ