安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 「故郷」という物語

「故郷」という物語 2

都市空間の歴史学

「故郷」という物語

〈知〉の揺らぎから、新たなる〈歴史の知〉へ

著者 成田 龍一
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ ニューヒストリー近代日本
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642037013
判型・ページ数 284ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

故郷の記憶。それは、都市空間のなかで営まれるドラマ。ひとは故郷を想い、懐かしみ、そして故郷によって傷つけられる。19世紀後半、故郷をあとにした青年たちの都市体験からつむぎ出される、記憶と空間の文化史。

このページのトップへ

関連書籍

日記をつづるということ

日記をつづるということ 6

家計簿、ブログ…。日記から近代を問う

著者:西川 祐子
 
客分と国民のあいだ

客分と国民のあいだ 1

〈知〉の揺らぎから新たなる〈歴史の知〉へ

著者:牧原 憲夫
 
 

このページのトップへ