安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 開国

開国 2

開国

当時の日本人に、欧米諸国はどう映ったか。北方との交流も併せ、日本と世界との関係を考える。

著者 井上 勝生
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 近現代史
シリーズ 日本史 > 幕末維新論集
出版年月日 2001/06/01
ISBN 9784642037228
判型・ページ数 A5・354ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

1854年、「特異で半ば野蛮な国」と評された日本は、近代世界への一歩を踏み出した。当時の日本人の目に、「文明国」としての欧米諸国はどう映ったのか。東アジアや北方の文化との交流も併せ、世界との関係を考える。

このページのトップへ

関連書籍

明治維新の人物像

明治維新の人物像 12

変革の時代を読み解く―多彩な業績を集大成

著者:宮地 正人
 
 

このページのトップへ