安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 蝦夷地と琉球

蝦夷地と琉球 9

蝦夷地と琉球

変革の時代を読み解く―広範多彩な業績を集大成

著者 桑原 真人
我部 政男
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
シリーズ 日本史 > 幕末維新論集
出版年月日 2001/06/01
ISBN 9784642037297
判型・ページ数 A5・362ページ
定価 本体5,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

幕末維新期の蝦夷地と琉球は諸外国と接触した先進地域であり、日本の領域を確定する過程で、アイヌ民族・琉球支配の成否は幕府や維新政権にとって重要だった。両地域にとって維新変革は何をもたらしたのかを解き明かす。

このページのトップへ

関連書籍

古代蝦夷を考える

古代蝦夷を考える

なぜエミシ・エゾでなくエビスと呼ぶのか?

著者:高橋 富雄
 
エミシ・エゾからアイヌへ

エミシ・エゾからアイヌへ 273

古代~現代までアイヌはどうみられてきたか

著者:児島 恭子
 
 
琉球・沖縄と海上の道

琉球・沖縄と海上の道 56

海上交通ネットワークの要=琉球・沖縄の姿

 
琉球・沖縄史の世界

琉球・沖縄史の世界 18

自立した視点から描くの琉球・沖縄史

著者:豊見山 和行
 
 

このページのトップへ