安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 軍都の慰霊空間

軍都の慰霊空間

国民統合と戦死者たち

軍都の慰霊空間

慰霊の場の立地や景観、儀礼・祭祀などを通し、軍事都市を中心に展開した近代国家による民衆統合の様相を明らかにする

著者 本康 宏史
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2002/03/01
ISBN 9784642037426
判型・ページ数 A5・384ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

近代軍隊の創設にともない、軍人墓地や護国神社など戦死者を弔う特別の空間が創設された。これら慰霊の場の立地や景観、儀礼・祭祀などを通し、軍事都市を中心に展開した近代国家による民衆統合の様相を明らかにする。

このページのトップへ

関連書籍

幽霊 近世都市が生み出した化物

幽霊 近世都市が生み出した化物 433

日本人が幽霊に込めた〝怖さ〟とは?

著者:髙岡 弘幸
 
戦没者合祀と靖国神社

戦没者合祀と靖国神社

誰が祀られ、誰が祀られなかったのか

著者:赤澤 史朗
 
 
軍都としての帝都

軍都としての帝都 2

絶えず軍事化する近代日本最大の軍都の実態

著者:荒川 章二
 
海外戦没者の戦後史

海外戦没者の戦後史 377

今も続く遺骨収容と戦没者慰霊の現実に迫る

著者:浜井 和史
 
 
軍隊を誘致せよ

軍隊を誘致せよ 370

軍隊と都市との共存関係を歴史的に解明する

著者:松下 孝昭
 
戦死者霊魂のゆくえ

戦死者霊魂のゆくえ

「英霊」でない鎮魂の形。戦死者供養を探る

著者:岩田 重則
 
 
慰霊・追悼・顕彰の近代

慰霊・追悼・顕彰の近代

祭祀行為がはらむ多様な政治的力学を考える

著者:矢野 敬一
 
 

このページのトップへ