安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 明治のキリスト教

明治のキリスト教

明治のキリスト教

キリスト教は、近代の政治・社会・思想にいかなる影響を与えたのか。キリスト教の実態を追究。

著者 高橋 昌郎
ジャンル 宗教史
宗教史 > キリスト教
出版年月日 2003/02/01
ISBN 9784642037525
判型・ページ数 A5・320ページ
定価 本体8,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=居留地のキリスト教/一=開国(日米修好通商条約締結/キリシタン禁制高札の撤廃)/二=居留地での伝道(横浜/長崎/箱館/神戸(兵庫)/大阪/東京築地/新潟)/Ⅱ=帝国憲法発布まで/一=学校/二=東日本における展開(東京府下での展開/東京府下のプロテスタント諸派/群馬県/千葉県/新潟県/宮城県/北海道)/三=西日本における展開(北陸・近江地方(石川県・滋賀県)/瀬戸内(岡山・今治・松山・伊予小松)/高知県)以下細目略/四=欧化主義下の展開と教派体制整備/Ⅲ=明治中期のキリスト教/一=憲法の発布と宗教界/二

このページのトップへ

内容説明

キリスト教は、近代の政治・社会・思想にどのような影響を与えたのか。日本が西洋化を目指した時期の、外来文化としてのキリスト教を考察する。外国人居留地での伝道から日本各地への展開、布教体制の整備、各教派の発展、戦争とキリスト教など、明治のキリスト教の実態を時代の流れにそって追究。巻末に教派ごとの動向を一覧できる詳細な年表付。

このページのトップへ