安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 生きつづける光琳

生きつづける光琳

イメージと言説をはこぶ《乗り物》とその軌跡

生きつづける光琳

きらびやかな屏風絵で知られる尾形光琳は、死後に西欧や日本で評価され、再生を繰り返した。時空を超えて生き続ける軌跡を辿る。

著者 玉蟲 敏子
ジャンル 美術史
シリーズ シリーズ 近代美術のゆくえ
出版年月日 2004/07/01
ISBN 9784642037655
判型・ページ数 A5・242ページ
定価 本体3,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

プロローグ光琳とは誰?/一=光琳―最初の再生(同時代資料のなかの光琳/十八世紀の光琳―多彩なイメージ/抱一の光琳再発見と顕彰)/二=明治期における光琳観の変遷(抱一系江戸の流れ/西欧人による光琳評価/政府系アカデミズム)/三=近代によみがえる光琳(光琳模様・図案家光琳の再生/光琳二百年忌の開催/近代の蘇生のもたらしたもの)/四=語り方の変容―評語「装飾的」の検討(新しい語りとしての「装飾」/近代以前の「装飾」/近代の「装飾」)/五=二十世紀後半の淋派受容(戦後文化のなかの光琳/分水嶺としての東京国立博物館

このページのトップへ

内容説明

きらびやかな屏風絵で知られる尾形光琳。死後百年の江戸、百六十年後のヨーロッパ西欧、二百年後の京都・東京、そして現代と、彼の作品は新たに評価され、再生を繰り返した。従来の日本の評価と西欧的評価が混ざり合った画家観は、どのように生まれたのか。作品を語る「装飾的」という言葉の由来をもとめ、時空を超えて生きつづける光琳の軌跡を辿る。

このページのトップへ

関連書籍

モニュメントの20世紀

モニュメントの20世紀

未来へ記念碑、タイムカプセルの全貌を探る

著者:坂口 英伸
 
社会とつながる美術史学

社会とつながる美術史学

社会にとって美術の持つ意味とは何か?

著者:太田 智己
 
 

このページのトップへ