安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本立憲政治の形成と変質

日本立憲政治の形成と変質

日本立憲政治の形成と変質

立憲政治の導入から機能障害に至るまで、政治家やメディア、政党の組織方法などに着目して解明。

著者 鳥海 靖
三谷 博
西川 誠
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2005/02/01
ISBN 9784642037693
判型・ページ数 A5・400ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

立憲政治を、君主制と民主制の長所を併せ持つ理想の政体と信じた明治の日本。その導入に尽力した政治家やマスメディアの試みを具体的に描く。さらに政党自体の組織方法、天皇や宮中との関係など立憲政治が定着してゆく様子から、満州事変以後、立憲政治が機能障害に至るまでを解明。さまざまな側面から、帝国日本の立憲政治の意味を考える論集。

このページのトップへ

関連書籍

戦時期日本の翼賛政治

戦時期日本の翼賛政治

政党と政府・議会の関係に注目し究明する

著者:官田 光史
 
画譜 憲政五十年史

画譜 憲政五十年史

約2000枚の写真で明治~昭和を知る

著者:田中 萬逸
 
 
明治立憲制と内閣

明治立憲制と内閣

桂園体制を実現した明治立憲制の道程を検証

著者:村瀬 信一
 
明治立憲政治と貴族院

明治立憲政治と貴族院

明治期貴族院の実像を描きだす

著者:小林 和幸
 
 
日本政党史

日本政党史

政党とは何か。その実態と本質を問い直す

 
歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

伊藤博文から鳩山由紀夫まで網羅した決定版

著者:鳥海 靖
 
 

このページのトップへ