安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 昭和戦中期の議会と行政

昭和戦中期の議会と行政

昭和戦中期の議会と行政

形骸化した存在とされてきた議会の実態を再検討し、対抗勢力としての内務官僚の動向を検証する。

著者 古川 隆久
ジャンル 日本歴史 > 近現代史
出版年月日 2005/03/01
ISBN 9784642037716
判型・ページ数 A5・316ページ
定価 本体7,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

昭和戦時下の政局に議会や内務官僚はいかなる役割を果たしたのか。形骸化した存在とされてきた議会の実態を再検討すると共に、議会の対抗勢力としての内務官僚の動向を検証。新たな視座から戦時下の政治構造を読み解く。

このページのトップへ

関連書籍

昭和期の内閣と戦争指導体制

昭和期の内閣と戦争指導体制

戦争の複雑性を追究し新見解を提唱する

著者:関口 哲矢
 
戦時期日本の翼賛政治

戦時期日本の翼賛政治

政党と政府・議会の関係に注目し究明する

著者:官田 光史
 
 

このページのトップへ