安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 親鸞

親鸞

親鸞

肉食妻帯を自ら実践し、真の民衆宗教を樹立した傑れた宗教家。異説多い親鸞伝の諸問題を解明す。

著者 赤松 俊秀
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 中世
出版年月日 1961/04/01
ISBN 9784642050036
判型・ページ数 4-6・382ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/(一)血筋と生まれ/(二)出家して叡山に登る/(三)源空の門に入る/(四)ひたむきな勉学と結婚/(五)専修念仏の停止と流罪/(六)稲田に移る/(七)関東の情勢/(八)教行信証を著わす/(九)門弟の動き/(一○)家族の動静/(一一)善鸞の異義/(一二)知識帰命の異義/(一三)涅槃に入る/系図/略年譜/参考文献

このページのトップへ

内容説明

親鸞ほど著名な高僧はなく、かつ評価の異なるものはない。本書は、史料考証法を正しく大胆に用いて、少ない史料から親鸞の行実を再現すると同時に、その宗教の成立する過程を、親鸞の悩み、時代の動きの双方から追究して、家を持ち生産に従事しながら仏教を修行する釈尊以来の仏教の課題を解決した親鸞の生涯を明らかにする。

このページのトップへ

関連書籍

日本の奇僧・快僧

日本の奇僧・快僧

時代を動かした知的アウトサイダーの実像

著者:今井 雅晴
 
親鸞と歎異抄

親鸞と歎異抄 392

今なお人びとの心を惹き付ける思想に迫る

著者:今井 雅晴
 
 
親鸞と東国

親鸞と東国

日本最大の宗派を築いた聖人の生涯!

著者:今井 雅晴
 
親鸞の信仰と呪術

親鸞の信仰と呪術

病気治療や来迎観などから信仰の実態に迫る

著者:小山 聡子
 
 
親鸞の生涯と思想

親鸞の生涯と思想

親鸞研究の第一人者が、思想と実像を解明

著者:平松 令三
 
信の念仏者 親鸞

信の念仏者 親鸞 8

「悪人こそ往生をとげうる」と唱えた親鸞像

著者:草野 顕之
 
 
親鸞

親鸞 37

新知見と新見解によって素顔の親鸞を検証

著者:平松 令三
 
 

このページのトップへ