安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 淀君

淀君

淀君

父母の仇敵秀吉の愛妾となり、のち落日の大坂城に君臨、家康に屈せず自滅し果てた悲劇女傑の伝。

著者 桑田 忠親
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 近世
出版年月日 1985/01/01
ISBN 9784642050043
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

父母の仇敵秀吉の愛妾となり、のち落日の大坂城に君臨、家康に屈せず自滅し果てた悲劇女傑の伝

このページのトップへ

関連書籍

豊臣秀頼

豊臣秀頼 387

没後400年、徳川中心史観による虚像剥ぐ

著者:福田 千鶴
 
豊臣秀吉と大坂城

豊臣秀吉と大坂城

豊臣大坂城を探訪し、天下人の素顔に迫る

著者:跡部 信
 
 
大坂の陣と豊臣秀頼

大坂の陣と豊臣秀頼 13

〝敗者〟秀頼はなぜ大坂にこだわったのか?

著者:曽根 勇二
 
北政所と淀殿

北政所と淀殿 274

秀吉の妻二人の確執が豊臣家滅亡に導いたか

著者:小和田 哲男
 
 
桃山時代の女性

桃山時代の女性 30

豊臣氏の統一政治に裏方で活躍した女性たち

著者:桑田 忠親
 
浅井氏三代

浅井氏三代 251

信長と互角に戦った北近江の武将の興亡描く

著者:宮島 敬一
 
 
片桐且元

片桐且元 228

賤ケ岳七本槍の一人。その全生涯を活写

著者:曽根 勇二
 
 

このページのトップへ