安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 明智光秀

明智光秀

明智光秀

三日天下で有名な典型的反逆児。主君弑逆の原因如何。其人間像描き心裡を分析し歴史の謎を解く。

著者 高柳 光壽
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 中世
出版年月日 1986/01/01
ISBN 9784642050272
判型・ページ数 4-6・322ページ
定価 本体2,100円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

三日天下で有名な典型的反逆児。主君弑逆の原因如何。其人間像描き心裡を分析し歴史の謎を解く。

このページのトップへ

関連書籍

織田信長と戦国の村

織田信長と戦国の村 457

信長が配下の武将に命じた村「支配」の内実

著者:深谷 幸治
 
信長軍の合戦史

信長軍の合戦史

一次史料から見えてくる天下統一戦争の実像

 
 
石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世

石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世

写真と翻刻で、全3巻47通の全容がわかる

 
織田信長

織田信長 272

英雄視する後世の評価を再考した等身大の姿

著者:池上 裕子
 
 
定本 徳川家康

定本 徳川家康

研究史をふまえ詳細に叙述した最新の家康伝

著者:本多 隆成
 
検証 本能寺の変

検証 本能寺の変 232

決着、本能寺論争。信長を殺したのは誰か?

著者:谷口 克広
 
 
足利義昭

足利義昭

室町幕府最後の将軍。数奇な生涯を描く

著者:奥野 高広
 
長宗我部元親

長宗我部元親

南国文化築く遺風今に伝わる戦国土佐名将伝

著者:山本 大
 
 
よみがえる安土城

よみがえる安土城 167

隠された謎を解き、新しい信長像に迫る

著者:木戸 雅寿
 
戦国武将合戦事典

戦国武将合戦事典

乱世を生きた武将たちと合戦の全貌に迫る

 
 

このページのトップへ