安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 和気清麻呂

和気清麻呂

和気清麻呂

護国の神と祀り上げられ正当な評価与えられなかった、勝れた古代革新政治家の真面目新たに成る。

著者 平野 邦雄
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書
人物叢書 > 古代
出版年月日 1986/01/01
ISBN 9784642050302
判型・ページ数 288ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

清麻呂の故郷
清麻呂にたいする評価
吉備の豪族たち
真備と斐太都
清麻呂の登場
道鏡事件
不遇時代
政界への復活
桓武天皇の側近勢力
清麻呂と側近グループ
和気氏と平安仏教
和気氏による文史の復興
終焉

このページのトップへ

内容説明

道鏡を転落せしめた宇佐神託の一件から,かつて忠臣といわれ,または藤原氏の走狗ともいわれる。しかし最近の卓絶した歴史観では,果して清麻呂を如何に評価するか。本書は,備前の土豪から身を起し,宮廷政治の優れたオルガナイザーとして新時代の開拓者となった清麻呂の風貌と生涯とを,綿密な史料調査によって跡付けられた。

このページのトップへ

関連書籍

奈良時代の政争と皇位継承

奈良時代の政争と皇位継承

天皇権力と専権貴族の政治闘争の実態に迫る

著者:木本 好信
 
平城京の時代

平城京の時代 2

首都・仏都・国際都市…。古都奈良のすべて

著者:田辺 征夫
佐藤 信
 
 
奈良の都

奈良の都

不比等、聖武、光明子…。天平文化の華開く

著者:笹山 晴生
 
鑑真

鑑真

唐僧、唐招提寺開祖の伝

著者:安藤 更生
 
 
藤原仲麻呂

藤原仲麻呂

悲劇の宰相の生涯から奈良朝史の秘鍵を解く

著者:岸 俊男
 
長屋王

長屋王 221

奈良期の皇族政治家。邸宅跡発掘交えて描く

著者:寺崎 保広
 
 
道鏡

道鏡

著者:横田 健一
 
光明皇后

光明皇后

聖武天皇の皇后、天平のヒロインの生涯

著者:林 陸朗
 
 
吉備真備

吉備真備

入唐留学19年、時代と共に異数な生涯描く

著者:宮田 俊彦
 
行基

行基

諸国行脚、社会事業史に輝く奈良時代高僧伝

著者:井上 薫
 
 

このページのトップへ