安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 藤原惺窩

藤原惺窩

藤原惺窩

近世朱子学の開祖。門下に林羅山・松永尺五らを輩出。文芸復興に画期的役割果した業績と人間像。

著者 太田 青丘
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 近世
出版年月日 1985/01/01
ISBN 9784642050418
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

その門に林羅山や松永尺五らの俊秀を生み近世朱子学の開祖となった藤原惺窩は、初め五山文学から出た禅僧であり、その十一代前の先祖は藤原定家であった。そうした血筋と環境が織り成したのが彼の儒学・国学・歌学をうって一丸とする文の学であった点を解明し、今日の細分化に過ぎる学術への一つの反省材料としようとしたのが本書である。

このページのトップへ

関連書籍

林羅山

林羅山

江戸幕府文教の中枢というべき林家始祖の伝

著者:堀 勇雄
 
 

このページのトップへ