安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 山県有朋

山県有朋

山県有朋

国軍建設の父、明治の元勲、政党政治の抑圧者、絶対主義の権化。その生涯と功罪を巧みに浮き彫りにする。

著者 藤村 道生
ジャンル 日本歴史 > 伝記
シリーズ 人物叢書 > 近代
出版年月日 1986/01/01
ISBN 9784642050593
判型・ページ数 4-6・304ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

国軍建設の父、明治の元勲、政党政治の抑圧者、絶対主義の権化。その生涯と功罪を巧みに浮き彫りにする。

このページのトップへ

関連書籍

日清・日露戦争と帝国日本

日清・日露戦争と帝国日本 3

帝国化の起点となった2つの戦争に迫る!

著者:飯塚 一幸
 
内大臣の研究

内大臣の研究

「常侍輔弼」はいかなる変遷を遂げたのか

著者:松田 好史
 
 
歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

伊藤博文から鳩山由紀夫まで網羅した決定版

著者:鳥海 靖
 
山県有朋と近代日本

山県有朋と近代日本

国際情勢を見極め近代化に身命を賭した実像

著者:伊藤 隆
 
 
乃木希典

乃木希典

明治の象徴的将軍の人間像を描く実伝!

著者:松下 芳男
 
 

このページのトップへ